ホーム » 男性型脱毛と女性型脱毛 » 男性型脱毛と女性型脱毛とにはどんな違いがあるの?

男性型脱毛と女性型脱毛とにはどんな違いがあるの?

読了までの目安時間:約 2分

ka

男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に入り込むとある成分へと変換され、毛母細胞の細胞分裂を阻害します。それによって毛周期が乱れ、毛が十分に成長する前に抜けてしまい、禿髪を起こします。

頭髪を豊かに生やすのには、女性ホルモンであるエストロゲンが活躍しています。しかし、閉経を迎えた女性ではこのエストロゲンが減り、女性の薄毛を生んでいます。

男性型脱毛症の場合は髪が十分成長する前に抜けてしまうのに対して、女性の場合には髪の一本一本が細くなっていきます。このため、髪が薄くなったように見えるのです。

また、一つの毛穴からは2本以上の毛が生えるのが普通なのですが、女性型脱毛の場合は一つの毛穴から1本の毛しか生えないので、全体的に量が薄くなったように見えるのです。

男性ホルモンの悪さを抑え込むプロペシア

 
男性ホルモンであるテストステロンが原因で起こる病気があります。前立腺肥大症や前立腺がんです。もともとプロペシアは、この前立腺肥大症や前立腺がんの進行を抑え込むという作用が期待され、男性に処方されていました。

その後、男性型脱毛症にも効果が発揮されることがわかり、現在はプロペシアという名前、あるいはフィナステリドという名前で病院から処方されています。

ただし、テストステロンを抑え込むがために性欲の減退や勃起機能の低下といった男性機能を低下させる副作用があります。

また、乳房肥大や圧痛、胃部不快感や肝機能障害といった副作用が出ることも、一部で報告されています。

 

この記事に関連する記事一覧

プロぺシアの副作用
カテゴリ
最新の投稿